シープデンタルクリニック

Sheep Dental Clinic
〒162-0056 東京都新宿区若松町10-1
日生ビル4階
都営大江戸線「若松河田駅」徒歩0分。
副都心線・大江戸線「東新宿」徒歩14分。
日曜日も診察しています。

お問合せはこちら

03-6457-3001
03-6457-3002
初診オンライン受付

脱アレルギー


~望遠鏡無しで天体観測をしますか?

保険で詰める、被せる銀歯、実はパラジウムという金属が混ざっていて、アレルギーの原因になるために欧米では使用禁止になりました。
金属のスプーンやフォークを舐めたとき、酸っぱいような味がした経験はありませんか? これは金属と舌の間に電気が流れたということなのです。
もっとわかりやすくするには、乾電池を舐めてみて下さい。 すっぱいような感じがわかると思います。電気が流れるには金属イオンがないと流れませんが、この金属イオンは金属が溶けだしたものなのです。
この金属イオンがアレルギーの原因になると言われています。 この金属、お国が許可した物だから安全なのではないかって?とんでもありません、国も金が安全(溶けにくいということ)ということはわかっていますが、金を保険で使われると 健康保険財政がパンクします。
そこで、この程度の金属なら許容できるだろうと、まさに予算ありきで選ばれたのが金パラジウム銀合金なのです。安全は二の次だったのです。
現代社会でアレルギーの原因物質は限りなくあると言われています。 食べ物ならそのうち体から排泄されますが、常に口の中にある物はそうはいきません。 取り除かない限り24時間悪さをし続けます。
アレルギーになるメカニズムはコップの中に入れた水に例えられますが、一度あふれてスイッチが入ると、その後原因物質をとり除いてもすぐに治るとは限らないのです。
アレルギーになる前に除去するしか予防手段はありません。そして、できるだけ金属を使わない治療に切り替える、そのことが金属アレルギーから身を守る唯一の手段です。
ここで、インプラントは金属でできているのではないか、それも骨の中に植えるけど大丈夫なのか、と思われた方はなかなかスルドイ。安心して下さい、インプラントは最も溶けない金属、チタン で出来ているので大丈夫です。同様に、入れ歯や被せ物もチタンで作れば大丈夫です。
他にはセラミック等の金属ではない素材を使うことです。


「治療内容」目次へ戻る

診療時間

【月火水木】
09:30~13:00
14:30~21:00
【第1・第3・第5土】
09:30~13:00
14:30~21:00
【第2・第4土】
14:30~21:00
【日】
09:30~13:00
14:30~17:00

休診日

※休診日は祝日・金曜・第2、第4土曜午前中です。
祝日が日曜日の場合は診察いたします。その場合、振替休日が休診となります。
※診療カレンダー参照。

  • シープデンタルクリニックの睡眠無痛治療
  • シープデンタルクリニック オンライン初診受付
  • 西湘歯科医院のHPへ
  • 話題と院長のつぶやきへ
  • スルガ銀行のデンタルローン

主な更新履歴

2018/02/20
診療時間を変更しました。
月~木、第2・4土曜日は21時まで診察いたします!
2018/01/26
診療カレンダー更新しました。
2017/12/27
年末年始の診療カレンダー更新しました。

お問合せ

03-6457-3001
03-6457-3002

シープデンタルクリニック

〒162-0056
東京都新宿区若松町10-1
日生ビル4階